千葉県八千代市緑が丘の整骨院・整体院 | 城ノ戸鍼灸接骨院
HOME>院長ブログ

院長ブログ

整骨院
 

整骨接骨院では、柔道整復師(国家資格)によって、骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷(≒肉離れ)などの損傷に対し、整復・固定などの治療を行っています。

骨折・脱臼の場合、とりあえずは応急処置のみですが、『医師の同意』を得れば継続的な治療も認められています。


整骨院や接骨院での施術には、健康保険が適用されます。

ただし、これらの保険が適用されるのは、プライベートでの骨折(いわゆる「ヒビ」に該当する不全骨折を含む)・脱臼・捻挫・打撲・挫傷の治療と定められています。


「プライベートでの」と前置きが付くのは、仕事中・通勤中の負傷は労災保険が適用、交通事故による怪我は自賠責保険が適用されるためです。


整骨院と接骨院に違いは、ありません。

どちらも、保健所に届出をしている柔道整復師(国家資格)の施術所です。

民間療法(民間資格≒私塾の免状)の整体院は、整骨院・接骨院ではないので 健康保険は利用できません。

 

投稿者 株式会社 城ノ戸鍼灸接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
ぎっくり腰
 

多く場合、


・起床時

・過度の重労働

・長時間の同じ姿勢

・季節の変わり目による冷え

・蓄積された疲労


により、引き起こされます。


「急に痛み出した!! どうして??」


と 思いがちですが、実はそうではありません。

身体に蓄積された疲労が限界値に達した時、激痛として現れるのです。


症状の程度にもよりますが、急性の激痛は通常 数日で軽減します。

しかし、実は激しい症状が改善してからの方が大切です。


急性症状が緩和したら、さらに筋肉を柔軟にして今後 再び腰の痛みに悩まない身体づくりをしましょう。

 

投稿者 株式会社 城ノ戸鍼灸接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
筋膜リリース、筋膜ストレッチ
 
「肩、頭痛、慢性腰痛、膝痛、姿勢矯正などに効く!!」
と、最近 話題になって知った方も多いかもしれません。

なので、近年にできた手技療法かと言いますと、
技法(個々の筋肉のストレッチングではなく、全身を対角に伸ばす様に行う『全身ストレッチ連動型姿勢矯正』)は、昔から御座います。

経験から行われていた整体術を理論化し、論文として発表されたことに意義があったのでしょう。
民間療法の『整体』と、現代医学の『理学療法』が出会った温故知新な手技療法が『筋膜リリース』『筋膜ストレッチ』です。

姿勢の悪い癖があると、筋繊維を束ねている筋膜に『よじれ』が生じ、姿勢の癖が強化されます。
全身を覆う捩れた筋膜を伸ばす様に、全身を対角にストレッチすると筋膜の『よじれ』が解消するので、良い姿勢を維持しやすくなるという原理です。

猫背や、ストレートネックの改善にも有効ですよ。

投稿者 株式会社 城ノ戸鍼灸接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
頭痛
 
「肩からくる頭痛」

という言葉を耳にしたことがあると思います。

首筋が凝ると 連動している頭部の筋膜も緊張するので、頭を締め付ける『筋緊張型頭痛』『筋・筋膜性頭痛』が起こります。
これが最も多いタイプの頭痛と言われています。

元をたどると、『筋緊張型頭痛』『筋・筋膜性頭痛』を引き起こす原因は「悪い姿勢の癖」です。
頭痛解消は姿勢の癖に着目して施術を行います。

骨盤の施術を行い、まずは身体のバランスを整えていきます。その後、姿勢が悪い為に固くなった"首周りの筋肉"を、動きを付ける様に、ソフトに調節していきます。

姿勢からアプローチするので、頭痛の解消はもちろん肩こりの解消にもつながりますよ。 

投稿者 株式会社 城ノ戸鍼灸接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
スポーツマッサージ

ずっと同じ姿勢を続けていると筋肉が硬くなってしまうことがあります。
長時間筋肉に緊張を強いると、筋肉の弾力がなくなることが原因です。

スポーツマッサージは、「筋・筋膜マッサージ」とも呼ばれ、筋肉の表面を覆う筋膜に刺激を与えます。
筋膜には血管や神経が豊富にあり、その筋膜を適量の刺激でマッサージする事で血行を良くし、張り・凝りを取っていきます。

日常生活においても、デスクワークや肉体労働など、スポーツ選手と同様に疲労が蓄積されていく為、「スポーツマッサージ」は一般の方にとっても、有効な施術なです。

マッサージは実費による自由施術となりますが、原因がハッキリとしている痛みの場合は健康保険適応になる場合があります。
お気軽に 問い合わせ下さいませ。

投稿者 株式会社 城ノ戸鍼灸接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)