千葉県八千代市緑が丘の整骨院・整体院 | 城ノ戸鍼灸接骨院
HOME>院長ブログ

院長ブログ

講演「老後の健康づくりについて」その32

 続いて身のイメージに入りましょう。経絡上に在る、足の裏で唯一のツボ『湧泉(ゆうせん)』を意識します。


 

なお 経絡上から外れた箇所に在る経穴の事を、奇妙の『奇』に『穴』と書いて『奇穴(きけつ)』と言います。

 

例外的な存在である奇穴を含めれば1穴ではないですが、経絡上に存在する”正規の経穴”は、足裏だと『湧泉(ゆうせん)』のみです。


 

今の説明で、「あれ?」と思った方が多いかもしれません。

 

「足の裏はツボが多い」と言われますが、半分本当で半分嘘です。

 

正確には一般の方の誤解ですかね。

 

『ツボ』という言葉が、中国系医学の『経穴』と、リクレクソロジーの『反射区』両方の俗語になっているから、ややこしくなっております。


P.S.
新HP作成中です。
https://seikotu-yachiyomidorigaoka.site/
こちらもどうぞ


投稿者 株式会社 城ノ戸鍼灸接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
講演「老後の健康づくりについて」その31
 
手でハンドボール位の”気”のボールを持つイメージをします。
ここで大事なのは、実際に手の掌から非科学的な エネルギーが出ているか否かを考えるのではなく、イメージだと割り切ること。

 


素直に”気”のイメージを持つと、末端の血行が良くなるので指先に膨張感を感じます。

 

また 両手の掌が温かくなり 互いの手の輻射熱を感じるので、さらに”気”のボールをイメージしやすくなるんです。


 

次は、胸の前で大きな”気”のボールを両腕で抱えるイメージを持ちます。
これも素直にイメージすると、手の掌だけでなく腕全体が温かくなりますし、腕が浮いている感覚がしてきます。

 


つまり、立った状態で『肩の力を抜く』とは こういう事か、というのが感覚的に理解できるんですね。

 

日常生活で肩の力を抜ける様になるので、肩凝りも改善します。


これが、怪しくない気功の効果 その2です。


P.S.新HP作成中です。
https://seikotu-yachiyomidorigaoka.site/
こちらもどうぞ


投稿者 株式会社 城ノ戸鍼灸接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
講演「老後の健康づくりについて」その30
 
ほどいパンチを打つ為には リラックスした方が良いという話をしました。けど「肩の力を抜く」事を意識し過ぎると、ぎこちなくなり力が入ってしまいます。

 

そこで、立った状態で ゆったりと腹式呼吸をします。

 

 

呼吸は意識せずとも行なわれている自律神経系の活動です。しかし心臓の拍動などとは違い、短時間なら息を止める事が出来ますし、リズムを変える事も可能です。

 

つまり、自律神経系でありながら、意思による介入がしやすい活動なんです。

 


そして 興奮時 または緊張時は激しい呼吸、休息中 または就寝中は ゆったりとした呼吸になります。

 


なので 緊張した時は、意識的に ゆったりとした深呼吸を行うと気持ちが落ち着きますし、逆に気持ちを奮い立たせたい局面では、力強く息を吐き切る呼吸が有効です。

 

(『那覇手』系の空手における『息吹(いぶき)』が、それですね)

 

 

意思による介入がしやすい自律神経系活動 『呼吸』を通して、全身の自律神経を整えましょう。

 


これが、怪しくない気功の効果 その1です。


P.S.
新HP作成中です。
https://seikotu-yachiyomidorigaoka.site/
こちらもどうぞ

 

投稿者 株式会社 城ノ戸鍼灸接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
講演「老後の健康づくりについて」その29
 
た、は 電話で”気”を飛ばす。写真に”気”を送るという『遠隔気功』を ウリにしている気功治療院のホームページを見たことがあります。
結構、お高いんですよ。

 

 

こういうのを信じて大金を払っちゃう人には

「”気”を送って貰ったから、もう大丈夫!」

という プラシーボ効果が期待できるでしょうし、電話の方は「誰かに、溜め込んでいた悩みを聞いてもらえた」という カウンセリング効果による心身症の改善も見込めると思います。

 

 


個人的には お勧めしませんが・・・


 

 

皆さんに 騙されて欲しくないので脱線しました。

 

 

現実的な武術の内気功『站椿(たんとう)』の健康効果に移ります。


P.S.
新HP作成中です。
https://seikotu-yachiyomidorigaoka.site/
こちらもどうぞ


投稿者 株式会社 城ノ戸鍼灸接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
講演「老後の健康づくりについて」その28

 相手の気を逸らせておいて、不意打ち気味に突き飛ばせば人は倒れますし、自分より体重の軽い相手なら1メートルは吹っ飛びます。

 

インチキ武術ではない、リアルな「”気”で人を倒す」とは、そういう事だと思うんです。

 

(「”気”を逸らす」=「相手の”気”を操作する」)


 

「身体に触れず、”気”をぶつける事で倒す」

と言い張る人は、流石に ねw

 

『触れずに倒す』デモストレーション動画なら インターネットで複数 見たことありますけど、相手がお弟子さんや取材の人のパターンばかりなので、信用ならんぞ・・・


 

気功には、手かざしで他者に”気”を送る『外気功(がいきこう)』というのも有るんですが、自律訓練法と同じく、リラックスと イメージにより末端の毛細血管が拡がると、実際に手の掌が温かくなります。


 

この状態で 手かざしされると、ジンワリと 熱エネルギーを感じるんです。

 

これは非科学でもなんでもなく、当たり前の話な訳ですが、現代医療不信 かつ、オカルト好きな人の場合は、この時点で ハマっちゃう様です。


P.S.
新HP作成中です。
https://seikotu-yachiyomidorigaoka.site/
こちらもどうぞ


投稿者 株式会社 城ノ戸鍼灸接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)