千葉県八千代市緑が丘の整骨院・整体院 | 城ノ戸鍼灸接骨院
HOME>院長ブログ

院長ブログ

骨盤矯正
 
骨盤正といっても ボキボキ鳴らしたりするのではなく、全身の筋肉にアプローチしていき、バランスをとりながら正常な位置に戻していくお手伝いをいたします。

骨盤は、身体の土台にとなる部分です。
日常のクセ・不良姿勢などで特定の筋肉や関節に負荷が掛かり続けると 不定愁訴、具体的には 筋肉や関節の痛み・慢性疲労・筋緊張性頭痛などを誘発する原因となります。

当院は骨格を正しい位置に戻し、関連する周囲の筋肉に対してアプローチし、正常な筋の働き方を覚えさせるお手伝いをいたします。

何らかの原因(過去のケガや生活環境)で、使い方を忘れた、乱れてしまった筋肉に再教育させて、効率の良い身体の使い方を取り戻しましょう。

投稿者 株式会社 城ノ戸鍼灸接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
スポーツ整体

城ノ戸鍼灸接骨院には、スポーツをされているアスリート、学生さんが来院されています。

急性期のスポーツ外傷(捻挫、打撲、肉ばなれ etc)や 競技特有の障害(オスブッド、シンスプリント、野球肩、テニス肘、ジャンパー膝 etc)など、スポーツをしていると悩みがつきません。


当院では 痛みを発している部位だけでなく、その原因となる筋肉にアプローチしたり、関節調整、姿勢のバランスなどを診ていきます。

整形外科的な骨・関節に異常がなければ、筋肉のバランスを調整していくことで痛みが軽減される事も多くあります。

痛みの原因が不明で悩まないで、一度お気軽に問い合わせ下さい。


「実は原因が○○にあった!」
など意外な発見があるかもしれませんよ。

投稿者 株式会社 城ノ戸鍼灸接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
鍼灸(はり きゅう)
 
鍼灸は、一般に「はり・きゅう」または「しんきゅう」と呼ばれています。
中国に起源をもつ伝統的医療です。

鍼灸は金属の細い針を経穴(ツボ)に刺入し、或いは艾(もぐさ)を燃焼させて経穴(ツボ)に刺激を加えます。血行を促進したり体のバランスを整え、痛みの緩和や症状の改善に効果があるとされています。

一般に、鍼灸療法は肩こり、腰痛、神経痛、関節炎ぐらいにしか効果が無いように思われがちですが、各種の病気に対する効果とその科学的根拠、西洋医学の代替治療としての効果があるとの見解が発表されています。


鍼灸治療に興味はあるけれど、鍼を刺入することへに不安を持たれる方も多くいると思います。
治療で使用する鍼は髪の毛の太さほどの細い鍼を使用します。少しチクと感じる方もいますが、多くの方は ほとんど痛みを感じることなく治療を受けています。

また鍼や灸はすべて使い捨てで、一度使用したらすぐに破棄しますので衛生的にも安心です。

投稿者 株式会社 城ノ戸鍼灸接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
σ( ̄、 ̄=) 「さー どうする?」と聞かれて考えた・・・

身体的原因が見られない痛みの場合、整形外科医師が、

「検査で異常はありませんので、気のせいでしょう。」

と診察で言い放ったとしても、ヤブ医者ではないと私は思います。

整形外科の領域上では異常を見落としていませんし、心因性・神経因性の疼痛であったのなら、

「気のせいでしょう」

は誤診どころか、ズバリ正しい診断のはずです。



 

しかし、ご本際に痛いので、

「どこにけば、この痛みは取れるの?? 整形の先生は私のつらさを、ちっとも解かってくれない! み止めと、湿布の処方書くだけで、何も治療をしてくれないじゃないか!!」

と、やり場のない怒りを医師へける方もいらっしゃいます。

(´Д)



 

何も治療をしてくれない、というかですね・・・ 身体に器質的な原因がないのなら、整形外科医師は治療(本来は手術が本職です)の仕様がないですよ!!



 

σ(Д*) 整形外科スタッフだった人間と、一般の方の感覚には、かなりの落差がありそうです。

医者不信な方の中には、怒りの矛先が理不尽な方も見受けられます。



 

医師は大変だなぁ・・・ 運動器リハビリテーション・スタッフとして、自分は何か院長(医師)の役に、いや、患者さんのために何か出来ないだろうか。



 つづく

投稿者 株式会社 城ノ戸鍼灸接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
院長(医師)語る⑤  (。'Д')。゚Д゚)。'Д')。゚Д゚)フムフム

ろ、『痛みってのは、よく解らない部分が多いよな。器的疾患(外傷や加齢による骨の変形等)なら画像診断でハッキリするし、オペで神経圧迫を解消すれば良い。それが整形外科医の発想だよね、外科系医師なんだからw

 けど、心因性・神経因性の疾患には、無力だろ。代表例が【幻肢痛】だ。」




 幻肢痛(げんしつう)

怪我や病気によって体の一部(や脚など)が切断されたにも関わらず、そこに痛みを感じるもの。

詳しい原因は判っていない。脳内の身体各部位に対応するマップが更新されないことが影響しているのではないか、という説がある。

鎮痛剤や麻酔は効果が薄く、心理療法も試みられているのが、決定的な治療法がないのが現状。

ω;`)



 

「あと、アレだ・・・。 長年の脊柱管狭窄症による、腰痛と坐骨神経痛を我慢してきた患者を、オペしたとする。

 脊柱(いわゆる背骨)の変形部分を削って、脊髄や神経根の物理的圧迫を解消したし、オペは成功だ。

 でも、『痛みが改善しない』と患者は不満を言う。『手術を受ければラクになると思ったのに、全然変わらないじゃないか! 医療ミスじゃないのか?!!』というケースとかね、ありがちでしょ。

 別の病院の医師が、第三者の立場でMRI検査をしても神経圧迫は改善されているし、特に過失も見られない。

 長年、神経圧迫の痛みを我慢し続けてたから、患者の脳は、痛いのが当たり前になっちゃってるんだよね、この場合。

 つまり、根本原因が、【骨変形の神経圧迫】から【神経系の誤作動】に移行しちゃう場合があるんだな。

 さー どうする?」


(;・∀・) うーん どうしましょう

 

つづく

投稿者 株式会社 城ノ戸鍼灸接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)