千葉県八千代市緑が丘の整骨院・整体院 | 城ノ戸鍼灸接骨院
HOME>はり・きゅうとは

| はり・きゅうとは |

はり師・きゅう師

鍼灸院とは、厚生労働大臣が認定する国家資格を取得した「はり師」「きゅう師」が、体調不良を抱える患者さんに治療をする施設です。
はり師・きゅう師は、金属針や温熱の刺激を用いて、痛みや症状を緩和します。

人間の自然治癒力を高めるスペシャリストであり、健康保険の取り扱いもできる専門職です。

鍼灸術とは

鍼灸術イメージ中国で発祥し、日本を含む周辺地域で発展した歴史ある医療技術です。

身体のツボ(経穴)を金属針や温熱を使って刺激することで、肩こり、腰痛、頭痛、生理痛、慢性疾患などの治療を行います。1979年にはWHO(世界保健機関)が、治療の適応症として、運動器疾患、消化器系、呼吸器系、代謝分泌系などの疾患を認めています。

しかし、日本では、明治維新後の西欧医学の導入により医療職から除外さた歴史があります。
鍼灸術は、慰安業として残されましたが、第二次世界大戦後には、GHQが「非科学的で不潔である」と言う理由から禁止しようとしました。

これに対して厚生省は、業界や視覚障害者の声を受けて、「医業の一部として治療行為を許可する」「教育を高度化させ、国家試験を実施する」と昭和22年に答申しています。平成4年には、免許証発行が、都道府県知事から厚生労働大臣へ移管され、正式に国家資格として生まれ変わりました。

今日では衛生的で科学的なアプローチもする治療法になっております。