千葉県八千代市緑が丘の整骨院・整体院 | 城ノ戸鍼灸接骨院
HOME>Q&A

| Q&A |

整体やカイロプラクティックとはどこが違うの?
国家資格者(公的な手技療法)と、民間療法家(無認可の手技療法)という根本 的な違いがあります。

接骨院・鍼灸院は、正規の治療院ですので健康保険が適応されます。しかし、整体 やカイロプラクティックは民間療法ですので健康保険が使えません。全額自己負担と なります。


※整体は、複数の民間団体が独自の資格を設けていますが、これは公的な免許では ありません。また、カイロプラクティックは、免許を定めている国もありますが、日 本では無認可の手技療法です。
接骨院や鍼灸院の治療の強み、メリットは?
国家資格者が、適応疾患には健康保険で治療を行なっていることです。

「柔道整復師」及び「はり師」「きゅう師」は、厚生労働大臣が認可する正規の学 校で3年以上 学び、国家試験に合格することで初めて取得できる資格です。安心し て ご来院ください。


※接骨院の治療費は、症状(疾患)や範囲(部位数)によって変動しますので一概 には言えません。しかし、自己負担金額が1割の方であれば、初回300円前後、二回 目以降の治療は150円程度です。自己負担金額が3割の方でも、初回1,000円前後、二 回目以降は500円程度となります。


(保険鍼灸の自己負担金額も同程度です)
はり・きゅう も健康保険で治療できるのですか?
「医師の同意書」があれば、可能です。

適応疾患は「神経痛・リウマチ・頸腕症候群(肩こり等)・五十肩・腰痛症・頸椎捻 挫後遺症(ムチウチ)」の 6疾患です。他に関節症も通る場合があります。


※通院している、掛かりつけ医師であれば、頼むと書いてもらえると思います。頼 める医師がいなければ、当院で東洋医学に ご理解のある先生を紹介することも可能 です。
では、なぜ健康保険が効かない鍼灸院が多いのでしょうか?
医師から同意を貰う事を、屈辱的と感じる鍼灸院が多いのかもしれません。

国民皆保険制度の日本において、国民が健康保険で鍼灸を受けることは当然の権利 の一つです。医師の同意があれば健康保険が効く事を説明した上で、本人が自費治療 を選ぶのならば良いでしょう。


しかし、正しい情報を開示せずに隠し、患者の利益よりも、自身の見栄を優先する ような鍼灸院には行くべきではありません。
接骨院や鍼灸院は、整形外科の治療と どこが違うの?
整形外科は医師が「医行為(現代医療)」を行なっています。一方、接骨院や鍼 灸院は、それぞれ柔道整復師、はり師・きゅう師が「医業類似行為(代替医療)」を 行なっています。

医師は、レントゲン検査、手術、投薬を行うことができますが、柔道整復師・はり 師・きゅう師は行うことが出来ません。一方、整形外科医師が受診者の一人一人に手 技療法を行なうことは無いでしょう。柔道整復師・はり師・きゅう師は上記を認めら れていないが故に、手技療法で患者さんの自然治癒力を引き出す お手伝いをしてい ます。


※当院は、業務範囲の遵守と、医師への敬意・連携を尊重しながら、治療を行ない ます。
接骨院と整骨院の違いはどこですか?
同じです。

柔道整復師が柔道整復術を行う施術所であり、同じものです。


※整体やカイロプラクティックとは異なり、どちらも保険証で掛かることができま す。
接骨院では どのような症状をみてもらえますか?
「急性または亜急性の外傷」を、健康保険で掛かることができます。

捻挫・打撲・挫傷(肉離れ・筋違い)の治療や、骨折・脱臼の応急手当てを、健康 保険で対応いたします。


肩こりや腰痛の場合、単なる「一時的な疲労」は健康保険の対象外であり、自費で の“手ほぐし”となります。しかし、「寝違い」や「ギックリ腰」など運動器系によ る原因でおこる負傷であれば保険治療の対象です。


※身体に痛みや不具合がある場合は、気軽に相談にいらしてください。
けがをしました。冷やすべきですか? 温めるべきですか?
冷やすべきです。

打撲や捻挫にかかわらず、ケガの急性期は、必ず氷などで冷やすようにして下さ い。ケガの応急手当は、RICE処置が基本です。


※RICE処置 : 安静(Rest)・冷却(Ice)・圧迫(Compression)・挙上 (Elevation)
ぎっくり腰をおこしましたが、マッサージしても大丈夫?
激しいマッサージは逆効果な場合がありますが、ぎっくり腰を考慮した手技療法 であれば、大丈夫です。
ぎっくり腰は、動くと激痛が走りますので、心身共に緊張を強いられます。精神面 と身体面の緊張を緩めることが重要です。心身両面からリラックスできる優しい手技 療法は、背筋の過緊張を緩和し、沈痛・早期回復に有効です。
しっかりと治したいけど、どれぐらい通えばいい?
症状や程度により個人差がありますが、受傷日から3ヵ月が目安です。

接骨院の保険治療の場合、3ヵ月で症状が完全に解消されないケースでは、患者さ んと今後の治療方針を話し合い、保険者(患者さんが加入している健康保険団体)さん に長期理由文を添付して継続加療をいたします。


※鍼灸院の保険治療の場合は慢性疾患も適応症ですので、3ヵ月ごとに医師の同意 を貰うことで継続的なケアが可能です。
治療時間はどのくらいですか?
保険治療の場合は、30分前後です。
混み具合によっては、待ち時間が他にかかります。ご了承ください。

※接骨院の治療は、症状(疾患)や範囲(部位数)によって変わりますが、15分程度の 手技療法・運動療法と、物理療法(電気治療器や温熱治療器など)を行います。


※鍼灸院の治療は、手技療法20分程度(前後の「手ほぐし」と「鍼灸術」)に、温灸 5~10分、置鍼(患部の筋緊張や神経興奮を鎮めるために、鍼を打った状態でジンワリ と置く方法)15~20分等の時間が掛かりますので、合計30~40分程度です。


※実費治療の治療時間は、決まっておりません。希望に添えるように致します。
治療にはどんな服装でいけばいいでしょうか?
普通の服装で構いません。

動きやすく、患部を露出しやすい服装であれば、より好ましいでしょう。しかし、 着替えのジャージも用意していますので、普通の服装で問題ありません。


※気軽に ご来院ください。

どのようなペースで通院すればいいですか?
最初は毎日通院したほうが早期回復に繋がります。
症状が安定してきた場合は、週2~3回です。
スポーツなどは治るまでしばらく 休んだ方がよいですか?
患部に負荷がかかる運動は避けてください。

患部でない部位のトレーニングは可です。むしろ競技者の場合は、基礎体力の低下 により前線復帰が遅れないように気をつけましょう。


※スポーツ種目・損傷の程度によって回答は変わります。一度、相談にいらしてく ださい。

予約は必要?
保険施術の時間帯は不要、自由施術の時間帯は必要です。

保険施術の時間帯「9:00~12:30、17:00~20:30(火曜・祝日はお休み、土曜・ 日曜はお昼まで)」は、基本的に来院された順に施術いたします。ご都合の良い時に ご来院ください。自費施術も20分程度の“手ほぐし”なら飛び入りでも順番で対応し ます。待たされるのが嫌だ、もっと長く施術を受けたい等の希望があれば自由施術の 時間帯への予約をお願いいたします。3000円から対応します。


※自由施術の時間帯「14:00~17:00、21:00~ (火曜・祝日はお休み、土曜・ 日曜は17:00まで)」は完全予約制となります。電話での予約は、保険施術の時間帯 にいただけると幸いです。

治療は痛くないですか?
基本的に痛くありません。

むしろ気持ちの良い施術を心がけています。無理なこと、暴力的な荒療治は致しま せんのでご安心ください。


※鍼(はり)での治療に対して、この質問をよく受けます。痛みの感覚は個人差が大 きいので、まったく痛くないと言えばウソになります。ですが、注射針のような痛み は有りません。ピリッと感じたり感じなかったり、といった程度です。リラックスし て、治療中に寝てしまう患者さんも大勢いらっしゃいますよ。

「むち打ち」って何ですか?
軟部組織の損傷を言います。
むち打ちとは、「むちうち」「ムチウチ」「鞭打ち」または「むち打ち症」などと言われ、自動車の追突事故などによって頭や首が鞭打つように動き、その際に生じた筋肉、靭帯、関節包など、軟部組織の損傷を言います。症状は首・背中・肩のこりや痛み、耳鳴り、頭痛、吐き気、めまい等です。
※ 骨には異常(骨折)がないため、外見上あるいはX線診断における変化は見られないことが多いのですが、放置すると首や背中の不快感に長年苦しむことになります(頸椎捻挫後遺症)。しっかりと治療を受けるべきです。
接骨院で交通事故の治療が受けられるのですか?
はい、受けられます。
柔道整復師は、外傷の後療法(ケガをした後の機能回復訓練)を得意とする国家資格者です。
※接骨院でも交通事故の治療は自賠責保険で可能ですので、窓口負担はありません。
接骨院の交通事故治療はどこに通っても同じですか?
違います。
信じがたいことですが、慰安マッサージしかできない接骨院・整骨院が存在するようです。通院しても、なかなか症状の改善がみられない場合は転院をお勧めします。
※当院では運動療法(関節可動域訓練、筋力機能訓練 等)も行いますし、希望者は保険会社への了解をとることで、鍼灸の施術を受けることも可能です。どうぞ、ご利用ください。
病院と接骨院では交通事故の治療は違うのですか?
検査設備は、病院の方が絶対に充実しています。
投薬(痛み止めの注射や、飲み薬 等)も可能です。万が一、交通事故に巻き込まれてしまったら、必ず精密検査が可能な病院で医師の診断を受けて下さい。 しかし、継続加療(その後の通院治療)は、温熱・電気・牽引など、機械による物理療法のみの病院が多く、常勤の理学療法士が毎回丁寧に、リハビリをしてくれるところは少数派のようです。
※一方、接骨院は、レントゲン等の検査設備を有しておりませんが、柔道整復師が徒手検査や運動療法など、自らの手による施術(手技療法)を行うため、きめ細かい機能回復訓練が可能です。
現在、病院で交通事故の治療を受けていますが、接骨院への転院は可能でしょうか?
はい、可能です。
なお、病院との併用治療も可能ですので、当院で日頃の治療を受け、病院で医師の経過観察(定期的なフォローアップ)を受けると、より好ましい成果が期待できます。保険会社の担当者の方とも話し合いながら、あなたに最善の方法を一緒に考えます。
※ 当院は、業務範囲の遵守と、医師への敬意・連携を尊重しながら、治療を行っております。
城ノ戸鍼灸接骨院で治療を受けるにはどうしたら良いのですか?
相手方の保険会社の担当者に、当院へ通院したいと連絡を入れれば対応して貰えます。担当者の方から当院に電話連絡が来ますので、さっそく治療開始です。
※交通事故は、しっかりと治療を行わないと、いつまでも症状が改善しない場合があります。しかし、病院では画像診断で骨に異常がないと湿布を処方されるだけだったり、診療時間が平日でも夕方までだったりと通えないことも多々あります。当院は平日夜8時30分まで受け付けておりますし、日曜日も昼の12時30分まで受付しております。 また、事前に電話連絡を頂ければ、自由施術の時間でも対応いたしますので、ご相談ください。